トレンド

立花陽三の年収や経歴が凄い!自宅高級マンションの場所を特定

フリーアナの上野優花さんとの結婚が発覚した、楽天球団社長の立花陽三氏。

立花陽三社長と言えば、その経歴が凄くヤリ手社長と言われています。

そんなヤリ手社長である立花陽三氏の年収はいくらなのでしょうか。

立花陽三社長と上野優花アナが暮らす、自宅高級マンションについても気になります。

今回は『立花陽三の年収や経歴が凄い!自宅高級マンションの場所を特定』ということで調査してみました。

この記事の内容

  • 立花陽三(楽天球団社長)の年収は?
  • 立花陽三(楽天球団社長)の経歴が凄い!
  • 立花陽三(楽天球団社長)の自宅高級マンションの場所を特定!

以上の内容で進めていきますので、最後までご覧下さい!

こちらの記事も合わせてどうぞ!

立花陽三(楽天球団社長)の年収は?

立花陽三社長の年収は公開されていないので推測となりますが、おそらく数千万は貰っているのではないでしょうか。

この後の経歴で詳しく紹介しますが、楽天球団社長以外にも兼任している役職がありますので、高収入であることは間違いないと思います。

これまで独身を貫いてきた立花陽三社長ですので、資産もかなりあるのではないかと想像してしまいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

立花 陽三(@tachibanayozo)がシェアした投稿




立花陽三(楽天球団社長)の経歴が凄い!

立花陽三社長の経歴が凄いので、まとめてみました!

1994年 ソロモンブラザーズ証券に入社
1999年 ゴールドマン・サックス証券に入社
2010年 メリルリンチ日本証券に入社
2011年 メリルリンチ日本証券執行役員に就任
2012年 東北楽天ゴールデンイーグルス球団社長に就任
2015年 株式会社クリムゾンフットボールクラブ(現・楽天ヴィッセル神戸株式会社)代表取締役副会長に就任
2017年 楽天ヴィッセル神戸株式会社代表取締役社長に就任

ざっと経歴を並べてみましたが、凄い!!!の一言ですよね。

外資系の証券会社を渡り歩き、最後に勤めた『メリルリンチ日本証券』では再建営業統括本部長として業務にあたり、その後執行役員に就任。

大卒で最初の会社『ソロモンブラザーズ証券』に入社していますので、大学卒業後わずか7年で執行役員にまで出世したことになります。

30歳前後での役員就任。

これはもうエリートでバリバリ仕事ができる人であることは間違いないですよね。

2012年の楽天ゴールデンイーグルス球団社長への就任は、球団オーナーである三木谷浩史氏からの誘いを受けてのことだったようです。

ヘッドハンティングのようなものですよね。

証券会社時代ももしかするとヘッドハンティングで、会社を転職されている可能性は十分にあるように思います。

2015年からは、楽天ゴールデンイーグルス球団社長と楽天ヴィッセル神戸株式会社の副会長を兼務し、2017年からは社長業を兼務しているというから、その仕事ぶりが認められていることがわかりますね。




立花陽三(楽天球団社長)の自宅高級マンションの場所を特定!

立花陽三球団社長の自宅高級マンションの場所ですが、松濤なのではないかと予想してみました。

立花陽三社長の自宅高級マンションに関する情報は

  • 2021年1月に竣工した低層マンション
  • 渋谷区内の高級住宅街
  • 部屋によっては3億円以上もする超高級物件

この3点でした。

渋谷区の高級住宅街と言えば、松濤が有名ですね。

そして、松濤は豪邸が多く家を建てるにも様々な条件がある地域なんです。

その条件は戸建てだけではなくマンションも同じで、松濤はマンションも点在していますが低層マンションが多い地域

それは松濤が

第一種低層住居専用地域のため、3階以下・20戸程度が基本

となっているからなんです。

高級住宅街・低層マンションという二つの条件にマッチしていますよね。

でも、渋谷区には神山町、富ヶ谷、大山町、猿楽町、広尾など他にも高級住宅街があるので、松濤以外の場所の可能性も十分にありえますね

何か新しい情報がわかり次第、更新していきたいと思います!




立花陽三(楽天球団社長)のプロフィールと学歴は?

立花陽三楽天社長のプロフィールと学歴です!

名前 立花陽三(たちばな ようぞう)
生年月日 1971年1月10日
出身地 東京都
職業 実業家
出身中学校 成蹊中学校
出身高校 成蹊高等学校
出身大学 慶応義塾大学総合政策学部

 

この投稿をInstagramで見る

 

立花 陽三(@tachibanayozo)がシェアした投稿

立花陽三社長の父親の母校が成蹊学園だったことが、中学・高校の進学の決め手になっているようです。

立花陽三社長は、成蹊高等学校時代からラグビーを初めて慶應義塾大学でもラグビー部に所属していたラガーマン。

なんと、高校時代には高等学校日本代表候補選手に選ばれるという実力の持ち主なんです。

仕事もできますが、スポーツもできる人なんですね!

1999年には証券マンとして働きながらも、母校である慶應義塾大学ラグビー部のコーチに就任して全国大学ラグビーフットボール選手権大会優勝に貢献しています。

プレイヤーとしてもコーチとしても才能があるようで、きっと仕事でも部下や組織を束ねたり率いることが得意なのではないでしょうか。




まとめ

今回は『立花陽三の年収や経歴が凄い!自宅高級マンションの場所を特定』ということでまとめてみました。

立花陽三社長の年収は、おそらく数千万はあるのではないかと思います。

経歴は、外資系の証券会社を3社経験し、若くして執行役員に就任しているというまさにエリートです。

自宅高級マンションの場所は、松濤ではないかと予想してみました。

実際の場所などは特定までは至りませんでした。

今後詳しい情報がわかり次第、追記していきたいと思います。