トレンド

しし座流星群2021青森の見える時間や方角は?おすすめスポットも!

2021年11月6日頃から11月30日にかけて夜空に出現する『しし座流星群』。

そのピークは11月18日と言われています。

流星が嵐のように降り注いだこともあるしし座流星群なだけに、2021年もどのように見えるか楽しみですよね。

せっかくの天体ショーなので、見える時間帯や方角、そしてオススメの観察スポットもチェックしておきましょう!

そこで今回は、東北地方青森県のしし座流星群についてまとめてみました。

この記事でわかること

  • しし座流星群2021青森の見える時間や方角は?
  • しし座流星群2021青森の観察おすすめスポットは?
  • しし座流星群2021青森県の天気は?

しし座流星群2021青森の見える時間や方角は?

2021年のしし座流星群が青森県で見える時間や方角について調べてみました。

見える時間は、11月18日の夜から明け方にかけてが一番の見頃になります。

特に18日の午前2時頃がピークを迎えます。

方角については、流星は放射点から全方位に流れるため、方角にこだわらず空を見上げているだけでも観測はできます。

ただこの日は夜半過ぎに月が昇るため、月明かりの影響を受けないように眺める方向や場所を変えてみることがオススメです。

できるだけ月に背を向けた方角での観測が良さそうですね。

そして、今年のしし座流星群は満月前となり条件的にはあまりよくありません。

1時間あたり3〜5個という予想もあるので、見逃さないように夜空全体を眺めましょう。




しし座流星群2021青森の観測おすすめスポットは?

青森県でしし座流星群を観測するおすすめスポットを紹介していきます!

  1. 十和田湖周辺
  2. 奥入瀬渓流周辺
  3. 白神山地

おすすめ観測スポット①十和田湖周辺

青森県十和田市にある十和田湖周辺です。

十和田湖周辺にはホテルなどもあるので、宿泊を兼ねて流星群を楽しむなんてこともできちゃいますね!

おすすめ観測スポット②奥入瀬渓流周辺

先ほど紹介した十和田湖に近い場所ですが、十和田八幡平国立公園内にありとても静かなスポットになります。

奥入瀬渓流の近くには『星のリゾート』のホテルもあるため、流星群の季節には宿泊もおすすめです。

おすすめ観測スポット③白神山地

青森県南西部から秋田県北西部にまたがる広大な山地帯ですが、大自然の中で観測できるおすすめスポットになります。

青森県には、雄大な自然の中で流星群を観測できるスポットがたくさんあります。

ちょっと車を走らせて星を眺めに行くのもいいですね。

でも、青森県では青森市や弘前市などどの市街地でも星空を堪能することは可能です。

可能であれば少しだけ市街地の中心部から離れてみるだけでも、しし座流星群を観測できそうです。

しし座流星群2021青森の天気は?

しし座流星群が観測できる18日の天気は晴れとなっています。

今のところ天気としては問題なさそうですね。

ただし、気温が低くなるこの時期、防寒対策はしっかりとしていきたいですね。

特に足元が冷えやすいので、カイロなどの事前準備が必要です。

しっかりと防寒対策をして、しし座流星群を楽しみましょう。




まとめ

今回は『しし座流星群2021青森の見える時間や方角は?おすすめスポットも!』ということでまとめて見ました。

しし座流星群2021を青森県で観測できる時間は、11月18日の夜から明け方にかけてです。

その中でも、午前2時ごろがピークと言われています。

方角に関しては、特に気にすることなく全方位を見てみましょう。

ただし、月明かりの影響を受けやすいので、月明かりを避けるように観測することがポイントです。

青森県ではおすすめスポットもいくつかありますが、市街地でも綺麗に星空を楽しむことができます。

もし可能な方は、今回ご紹介したおすすめスポットまで足を運んでみてもいいかもしれません。

ぜひ、ご参考になさってしし座流星群を楽しんでみてください!