話題

中野正貴の気になる年収や経歴は?家族がいるのか調査

2020年9月27日放送の『情熱大陸』に出演の写真家・中野正貴さん

独自の視点から東京を撮り続けて約30年だそうですが、そんなの年収や経歴がどうなっているのか気になりますよね。

家族がいるのかどうなのかも含め、早速調査してみました!

この記事の内容

  • 写真家・中野正貴の気になる年収はいくら?
  • 写真家・中野正貴の経歴がすごい!
  • 写真家・中野正貴の家族は?

まとめてみましたので、最後までご覧ください!

 

写真家・中野正貴の気になる年収はいくら?

写真家である中野正貴さんですが、年収は一体いくらなのでしょうか?

調べてみると、一般的なカメラマン・フォトグラファーの平均年収の範囲はおよそ380~550万円のようです。

でも、フリーランスとなれば1,000万円以上を稼ぐカメラマンやフォトグラファーもいるようです。

 

中野正貴さんは企業に務めるカメラマンではなくフリーの写真家で、出版した写真集が話題を集めるほど。

そうなれば、1,000万円を超えているのではないかと推測できます。

写真家として安定的に収入を得るには、実力と才能がないとなかなか厳しい世界かもしれませんね。

 

写真家・中野正貴の経歴がすごい!

 

  • 名前:中野正貴(なかの まさたか)
  • 生年月日:1955年8月2日
  • 出身地:福岡県
  • 出身大学:1979年、武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン科

 

1979年に大学を卒業してから写真家の秋元茂さんに師事しています。

1980年頃から独立され、雑誌の表紙や各種広告撮影を手掛け始めたようです。

 

そしてその後、写真集を出して賞を受賞されています。

  • 2001年:写真集「TOKYO NOBODY」で日本写真協会賞新人賞を受賞
  • 2005年:写真集「東京窓景」で第30回木村伊兵衛写真賞を受賞
  • 2008年:さがみはら写真賞2008プロの部最高賞を受賞

 

独立から新人賞を受賞されるまでの期間、様々な経験や努力をされて実力をつけられたのかもしれませんね。

特に話題となった「TOKYO NOBODY」は、約10年かけて撮影された大作です。

誰もいない東京の街を撮影するために、撮影する時期や時間にこだわり撮影されたようです。

その光景は、今年のコロナ禍で人がいない街並みと重なって見えるほど。

ご本人も「予言の書のようになってしまった」とおっしゃっています。

 

写真展での写真を見ても、東京の違う顔を見ることができます。

中野正貴さんの写真は、何か不思議な力を感じますね。

写真展なども精力的に行なっているようです。

 

写真家・中野正貴の家族は?

中野正貴さんの家族に関して調べてみましたが、今のところ情報がありませんでした。

写真家さんとして活動されている一般の方なので、プライベートなことに関しては公開はしていないようですね。

まとめ

今回は『中野正貴の気になる年収や経歴は?家族がいるのか調査』ということでまとめてみました。

年収はその実力や受賞歴から考えると、1,000万円は超えているのではないかと予想できます。

家族に関しては、情報の開示はないようなので、わかりませんでした。

代表作とも言える「TOKYO NOBODY」は、10年もかけて撮影された大作なので、ぜひ手に取ってみてみたい写真集ですね!