トレンド

自見英子の父は自見庄三郎!家族構成や橋本岳とのその後を調査!

自見英子(はなこ)参院議員の政治資金パーティーに、日本医師会の中川俊男会長が出席していたとして炎上騒ぎになっています。

出席した中川会長もですが、自見英子議員に対しての批判が上がっています。

一体自見英子議員とはどんな人物なのでしょうか。

自見英子議員は医師ですが、父の自見庄三郎さんも医師で元郵政大臣などを歴任という経歴の持ち主!

となると自見英子議員の家族構成なども気になります。

そこで今回は『自見英子の父は自見庄三郎!家族構成や橋本岳とのその後を調査!』と題して、まとめてみました。

この記事の内容

  • 自見英子の父は自見庄三郎!
  • 自見英子の家族構成は?
  • 自見英子と橋本岳のその後を調査!

以上の内容で進めていきますので、最後までご覧ください!

自見英子の父は自見庄三郎!

自見英子議員の父『自見庄三郎』さんのプロフィールと経歴をまとめてみました。

自見庄三郎のプロフィール

名前自見庄三郎(じみ しょうざぶろう)
生年月日1945年11月5日
出身地福岡県小倉市(現 北九州市)
出身高校福岡県立小倉高等学校
出身大学九州大学医学部
最終学歴九州大学大学院医学系研究科

1980年には、アメリカのハーバード大学で公衆衛生学部の疫学教室に所属して主任研究員となっています。

医学者としての道を歩まれていた方のようですが、その後議員の道を歩み始めてようです。

自見庄三郎の経歴

自見庄三郎さんの議員としての経歴をまとめました。

1983年12月第37回衆議院議員総選挙で自民党公認で当選(以降7期連続当選)
1997年9月郵政大臣に就任(第2次橋本改造内閣)
2005年9月第44回衆議院議員総選挙で無所属で出馬し落選
2007年7月参議院議員選挙に国民新党公認比例代表で当選
2010年6月内閣府特命担当大臣亀井静香氏の辞任に伴い、公認として入閣。郵政改革担当大臣兼務。
2013年3月国民新党を解党し7月の参議院議員選挙への不出馬を表明。政界引退

2005年7月に、『郵政国会』の衆議院本会議採決で反対票を投じたことで自民党からの公認を得られなくなってしまったようですね。

自見庄三郎さんは2010年6月に『内閣府特命担当大臣』『郵政改革担当大臣』に就任して以降、菅第一次改造内閣、菅第2次改造内閣においても両大臣を歴任している実力の持ち主。

その当時2010年から2013年7月まで、父・自見庄三郎さんの議員秘書を務めたのが、娘である自見英子議員です。

自見英子議員は、父・自見庄三郎さんが政界を引退して3年後の2016年7月10日に第24回参議院議員通常選挙で比例区当選を果たしています。

父・自見庄三郎さんは自民党から離党して復党できませんでしたが、娘である自見英子議員は自民党から当選できました。

自見英子の家族構成は?

自見英子議員の家族構成ですが、父・母・姉・弟の5人家族のようです。

自見英子議員は結婚はしておらず、結婚歴もありませんので、現在独身のようです。

お姉さんと弟さんについて調べてみましたが、おそらく一般の方なのだと思います。

今のところ、詳しい情報は出てきませんでしたが、弟さんは自見英子議員が政務官だった当時、参議院選挙の手伝いをしていたという話があるようです。

自見英子議員も父親の自見庄三郎さんも医師ですので、その兄弟ももしかすると医師である可能性もありますね。

優秀なご一家であることは間違いないように思います。

自見英子と橋本岳のその後を調査!

自見英子議員と元厚生労働副大臣の橋本岳さんの不倫報道が2020年7月に話題となりました。

自見英子議員が橋本岳さんの議員宿舎に長時間滞在したり、2人で食事をしたりと2人の関係が噂され、加藤勝信厚労相が2人に対して注意するという自体に。

その後の2人の関係についてですが、今のところは特に話題にはなっていないようなので、進展はないのかと思われます。

でも、こうして自見英子議員にまた注目が集まってきましたので、何か新しい情報が出てくる可能性もあるかもしれませんね。

情報がわかり次第更新したいと思います。

まとめ

今回は『自見英子の父は自見庄三郎!家族構成や橋本岳とのその後を調査!』ということでまとめてみました。

自見英子議員の父は自見庄三郎さんで、医師であり『内閣府特命担当大臣』『郵政改革担当大臣』を歴任した実力者でした。

自見英子議員は現在独身で、家族構成は父・母・姉・弟の5人家族だということがわかりました。

姉や弟も医師なのではないか?と思いましたが、情報は出てきませんでした。

2020年に不倫報道で話題となった橋本岳さんとの関係ですが、その後については今のところ情報がありませんでした。

今後情報がわかり次第追記していきたいと思います。