話題

剛力彩芽が短編映画に主演!SSFF&ASIA2020とは?役柄は?

8月で所属事務所のオスカーを退社した、剛力彩芽さん。

その行動が何かと話題になる剛力彩芽さんですが、退社後は3月に自身が代表を務める個人事務所「株式会社ショートカット」で活動して行くとのこと。

その剛力彩芽さんの今後の仕事が1つ発表されました。

 

それは、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)2020での、短編映画主演。

 

今回は剛力さんが主演する短編映画とSSFF&ASIAとはどんなものなのかについてまとめてみました。

そもそもSSFF&ASIAとは何?

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)2020と聞いてわからない人も多いですよね。

これは米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭なのです。

映画祭の代表を務めるのは、俳優の別所哲也さん。

毎年、100を超える国と地域から約6,000本以上の応募があると言うから凄いですよね。

その中で厳選された、約300作品が様々な部門で上映されるようです。

開催期間は2020年9月16日(水)~27日(日)。

当初の予定では、2020年6月4日(木)〜6月14日(日)に開催される予定だったようですが、新型コロナウイルスの流行により延期となっていました。

そして、今回このSSFF&ASIA2020では、「クリエイター支援プロジェクト」という日本人監督を応援するプロジェクトが始動したそうです。

そのプロジェクトに剛力彩芽さんが賛同し、今回の主演が決まったようです。

このSSFF&ASIA2020dでのショートフィルムは、世界に向けて発信されるので、剛力彩芽さんは独立後いきなり世界進出となるわけですね。

ここで注目を集めれば、今まで彼女についてきたネガティブなイメージだったりを払拭できるチャンスかもしれません。

女優としての剛力彩芽さんの実力を思う存分発揮していただきたいですね。

主演の剛力彩芽!その役柄は?

今回剛力彩芽さんは、短編映画の主演だけではなく、その企画段階から携わっているようです。

そして、演じる役柄も「男から逃げる女」「シングルマザー」「マスク依存症」と言うテーマの3人の女性だそうです。

なんとも濃い役柄のような感じがしますよね。

今まで剛力さんが演じてきた役柄とはちょっと違うようなイメージがします。

企画段階から参加していると言うこともあるので、きっと熱のこもった演技を見せてくれると思います。

今までとは違った新たな一面が、次世代監督とのタッグによって引き出されるかもしれませんので、注目ですね!

まとめ

今回は、女優の剛力彩芽さんが短編映画3本に主演するということで、その映画について紹介してきました。

女優としての姿を最近はあまり見なくなってしまったので、今回の米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭(SSFF&ASIA)2020での女優としての彼女の演技を楽しみにしたいものです。

世界に発信されるとのことなので、うまくいけば今後の仕事にも大きく影響が出てくるかもしれません。

「男から逃げる女」「シングルマザー」「マスク依存症」というちょっと衝撃的な3人の女性を演じるようなので、どのような内容になるのかその辺も注目です。

今までのイメージを是非払拭して、女優剛力彩芽としての個人事務所での今後の活躍を期待したいですね。